Ai国際医療研究所

研究

よい習慣を身に着け維持するためには?

2021年5月29日(土)、定例ジャーナルクラブでした。

今回は前説はインフォデミックに関する論文、どんな人がデマ情報を信じやすいか、その対処は?という論文を読んでいます。

 「Covid-19 インフォデミック -誤情報に対する疫学モデル応用」

Scales, D., Gorman, J., & Jamieson, K. H. (2021). The Covid-19 Infodemic — Applying the Epidemiologic Model to Counter Misinformation. New England Journal of Medicine. https://doi.org/10.1056/NEJMp2103798

スライドの一部を公開しますので、みてみてくださいね^^

アメリカのインフォデミック例、興味深いです。日本ではここまで有力者がインフォデミックのトリガーになったということはなかった気がします。

陰謀論(笑)、予防行動やワクチン抵抗性に関する相関研究では、陰謀説信じている度合いの高い人は予防措置(マスク等)やワクチンへの抵抗感が高いかもしれないと示唆しています。

詳しくはこちらをおよみください。

Romer, D., & Jamieson, K. H. (2020). Conspiracy theories as barriers to controlling the spread of COVID-19 in the U.S. Social Science & Medicine, 263, 113356. https://doi.org/https://doi.org/10.1016/j.socscimed.2020.113356

今回のジャーナルクラブはこちらの論文でした。

Kwasnicka, D., Dombrowski, S. U., White, M., & Sniehotta, F. (2016). Theoretical explanations for maintenance of behaviour change: a systematic review of behaviour theories. Health Psychol Rev, 10(3), 277-296. https://doi.org/10.1080/17437199.2016.1151372

ABSTRACT
背景:行動変容介入は、「一時的」な行動変容を達成するための支援として有効である。しかし、行動変容の「維持」はほぼ達成されない。本レビューの目的は、将来の研究及び実践に役立つよう、行動変容維持に関する現在の理論的説明を特定し、統合することである。
方法:関連する可能性のある理論を電子データベース(Ovid MEDLINE、Embase、PsycINFO)を系統的に検索し特定した。加えて、80の理論からなる既存のデータベースを検索し、25人の理論専門家に意見を求めた。行動変化の維持に関する仮説が記載されたもののみ理論として選択した。選択された理論は、行動変化維持に関する包括的説明を特定するためにテーマ別に統合された。初期の理論的テーマは相互検証された。
結果:117の行動理論が確認され、そのうち100の理論が選択基準を満たした。行動変化維持の理論的説明を代表する包括的で相互関係がある5つのテーマが浮上した。行動変化維持の理論的説明は、開始から維持までの動機、自己調整、資源(心理的および物理的)、習慣、および環境と社会の影響の異なる性質と役割に焦点を当てている。
考察: 行動変容の理論的説明と行動変容維持の理論的説明には明確なパターンがある。このレビューから得られた知見は、健康行動の維持を促進する介入の開発と評価の指針となり、行動変化維持の統合理論の開発に役立つ。

ジャーナルクラブで初めて取り扱う質的研究でした。

量的系統的レビューは読んだことがありましたが、質的系統レビューは初めてだったので、違和感があるし、読むのは大変だったと思います。

でもこれはこれで、大切な、重要な、価値がある研究です。

質的研究は、難しく深いです。

よく院生が質的研究やりたい、と言いますが、やるなら何年もかかることを、膨大な時間とエネルギーが必要であることを覚悟した方がよいです。

博士課程の時に質的研究を馬鹿にしてるドクターを見ましたが、私はちゃんとした質的研究ができる研究者は尊敬しているし、貴重だと思っています。

質的研究者は自分自身がツールです。

数字で出す方が簡単。

データアナリストも沢山育っていますし、計算するだけなら多くの人ができますが、現象を正しくとらえ、聞き取り、それを誰が見ても正しく表現することができる力のある人は少ないです。

今回の論文は丁寧に、紡ぎあげられたよい論文でした。

100本、一つ一つの文献を読み、イントロダクションも丁寧に引用を使いながら自分たちの研究の意義を語っていました。

結果は、主観が前面に出ますのでクリティークもやや厳し目になりましたが、ディスカッションできちんと研究の限界もつづられていました。

正直、私は質的研究論文は読まないのですが、久しぶりに読んだこの論文で、質的研究はやはり必要なんだと強く感じましたし、貴重な機会となりました。

だから、ジャーナルクラブは面白いんですよね・・・

次回のジャーナルクラブは6月26日です。

見学希望の方はこちらまでご連絡ください。

main@aimedicalri.com

第2回長崎がん術後QOL・リンパ浮腫研究会

本日は、長崎がん術後QOL・リンパ浮腫研究会というリンパ浮腫に関心をお持ちの医療者の集まりに参加させて頂きました。

久しぶりに臨床の生のお話を聞けて、関心しきりでした。

その方にあったバンデージを手作りしたり、希少症例提示してベストなケアを模索されたり、日々丁寧にケアに当たっている医療者の皆さんの姿に心打たれます。

参加させて頂きありがとうございました。

次回は私も発表させて頂けるとのことで、18年に発表した研究を提示させていただこうと思います。

リンパ浮腫の測定にはいろんな方法、ツールがあるのですが、一つでなく複数を組み合わせて診断、評価するのがよいとされています。

私が使っているツール、評価法に関しては博論に詳しく書いております。

https://tohoku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=69628&item_no=1&page_id=33&block_id=38

どの方法がよりリンパ浮腫がある事実を反映するのか、また、だれでもできる方法(実行可能性)を模索した結果でもあります。

簡単な計算で、ぐんと評価の精度があがったりするので、ぜひお使いください。

周囲計測定→円錐台に換算し全体の体積を予測する方法 はリンパ浮腫研究の大家Casley Smithから学びました。

Casley-Smith J: Modern treatment for lymphoedema., 5 edn: The Lymphoedema Association of Australia.Inc; 1997.

相対的体積変化率(Relative Volume Change:RVC)はベースラインの健側上肢と患側上肢体積の非対称性と、タイムポイント間での差を考慮し、患側上肢体積の変化を観察していく方法です。

Ancukiewicz M, Miller CL, Skolny MN, O’Toole J, Warren LE, Jammallo LS, Specht MC, Taghian AG: Comparison of relative versus absolute arm size change as criteria for quantifying breast cancer-related lymphedema: the flaws in current studies and need for universal methodology. Breast Cancer Res Treat 2012; 135(1):145-152.

ちなみにこの写真のシステムは、この研究のために作成したもので、経過をグラフ化することができます。

ほかにも周囲計測定にはこちらの重り付きメジャーを使用して、メジャーのたるみすぎやひきしめすぎによる誤差をなくす工夫をしていました。

いかに誤差をなくすか、正しくその現象を表す評価をするかが重要です。

臨床、研究における評価指標については、たくさん勉強してきたので、還元できるのはとてもうれしいことです^^

リンパ浮腫の皮膚の状態について

リンパ浮腫は繰り返す蜂窩織炎や線維化など、皮膚に大きな変化をもたらします。

専門家によっては、リンパ浮腫は皮膚の病変だという方もおられます。

皮膚の状態をよく保ち観察することは、リンパ浮腫の合併症を防ぐために重要です。

こちらは、昨年発表されたリンパ浮腫の皮膚状態についての研究です。

Yu, Z., Liu, N., Wang, L., Chen, J., Han, L., & Sun, D. (2020). Assessment of Skin Properties in Chronic Lymphedema: Measurement of Skin Stiffness, Percentage Water Content, and Transepidermal Water Loss. Lymphat Res Biol, 18(3), 212-218. https://doi.org/10.1089/lrb.2018.0066
https://www.liebertpub.com/doi/10.1089/lrb.2018.0066?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori%3Arid%3Acrossref.org&rfr_dat=cr_pub++0pubmed&

要旨

背景:リンパ浮腫は慢性、進行性で、軟部組織の高たんぱく性の浮腫です。リンパ浮腫検知に、患側の細胞外液の測定がよく行われています。しかしながら、リンパ浮腫の皮膚変化や早期の組織変化の定量化はあまり行われていません。
方法と結果:91名のリンパ浮腫患者を評価しました。皮膚水分蒸散量(TEWL: transepidermal water loss),皮膚の固さ(SF: skin stiffness)、水分含有量(PWC:percentage water content)をあらかじめ決めていた皮膚の5箇所で評価しました。TEWL、SF、PWCの値は、対照群(健側)と比較してリンパ浮腫皮膚で有意に増加し、患部皮膚の機能と肌理が損なわれていることを示しました。PWC比とSF比はいずれもリンパ浮腫のステージと強い相関関係がありました。組織液を評価する機器と高い相関が認められました。
結論: 皮膚パラメータ評価は、慢性リンパ腫皮膚の機能的および構造的変化に関する新たな情報をもたらしました。皮膚特性の変化を定量化することは、慢性リンパ腫の診断と評価を補完する重要な手段となるかもしれません。

皮膚水分蒸散量と皮膚の固さはリンパ浮腫ステージと相関

TEWL(皮膚水分蒸散量)やSF(皮膚の固さ)がリンパ浮腫の状態と関連があることは以前から知られています。

これらの測定に関心がある方は問合せフォームよりご連絡ください。

4月30日子供の遊び場の変遷研究

本日は子供の遊び場の変遷についての論文でした

今日の前説「最新論文解説」はこちらでした。

Anderson, J. L., May, H. T., Knight, S., Bair, T. L., Muhlestein, J. B., Knowlton, K. U., & Horne, B. D. (2021). Association of Sociodemographic Factors and Blood Group Type With Risk of COVID-19 in a US Population. JAMA Netw Open, 4(4), e217429. https://doi.org/10.1001/jamanetworkopen.2021.7429

アメリカのCOVID-19リスクー社会人口統計学的因子と血液型の相関研究です。

これまで、血液型とCOVID-19感染や重症化は関係があるというものとないというもの、色々な研究報告がありましたが、2021年4月に出た本研究では大規模前向きケースコントロール研究で血液型は関係ないだろうと結論づけられておりました。

107,796サンプルにおいて、感染有無、入院有無、ICU入室有無において、血液型によって多いとか少ないとかということがなかった、ということです。

中国やイタリア、スペインの研究でA型は感染しやすい、重症化しやすいとかいう報告がありましたが、サンプルサイズや後方視的研究なので、今回の研究の方がより信頼性が高いように見えます。

ただし、地理的なもの、人種など遺伝学的な要素(血液型分布は地域や民族によって異なる)など様々な考慮すべきこともあるので、絶対ではありません。

研究は確からしい結果を求めてバイアスが入らないように、きめ細かい計画のもと、実施しますが、「絶対」はありません。

沢山のお金とエネルギーと高い能力をつぎ込んで行われた実験や調査でも、「絶対」はないので、市販の、街中にあふれるものの「効果」とか「効能」というものの実態がどんなものか、ご想像していただけたらと思います・・・。

次回の最新論文解説もCOVID-19に関連したものを選んで行いたいと思います。

次に今日の本題はこちらです。

A Study on Changes to the Form of Children’s Playgrounds in Japan by Analyzing the JILA Selected Works of Landscape Architecture.

Qing Qin , Kazuhiko W. Nakamura , Kiyotatsu Yamamoto and Akio Shimomura. Sustainability (2019)

全文はこちらにあります。

https://www.researchgate.net/publication/332338813_A_Study_on_Changes_to_the_Form_of_Children’s_Playgrounds_in_Japan_by_Analyzing_the_JILA_Selected_Works_of_Landscape_Architecture

論文を読むときに、なぜその論文を読もうと思ったか、なぜその論文を選んだのかを知ることは、その人の目的が達成できるようサポートするために必要なことです。

興味関心を満たすため、研究課題を達成するため、バックグラウンドは様々でしょうが、どの論文を読んでも無駄にはならないとはいっても、より為になる、役に立つ論文の読み方をしてほしいと思っています。

今日の担当の方は、「長崎を魅力ある街にするためには何が必要か」ということを知り、行政に提案したいという熱い思いを持っておられます。

わたしたち、Ai国際医療研究所やNagasaki Wellness、Navigate Nagasakiと通じるところがあります・・・

長崎はいいところ、という評判の傍ら、社会的人口流出No1です。

その大半は生産人口です。

大学生たちは、卒業すると県外に就職します。

若い世代を定着させたい、という思いは同じだと思います。

提示された論文は、「遊び場の変遷」をとある造園雑誌の内容から質的量的に読み解くものでした。

「誰にとって魅力的な遊び場」なのか、という点をまずお尋ねしました。

保護者にとって魅力的な場所、というのは、保護者年代の方たちをひきつけたいので、そうなんだろう、と思います。

しかしながら、論文は公園デザイナーは子供の目線を反映して公園を作っていない、と結論づけているので、この著者にとっての魅力的な遊び場のターゲットは子供だったんだな、とわかりました。

この結論もせっかくの統計解析結果を反映していないですし、解析の対象が1造園関係雑誌のデータなので、かなり限界がありますが、先行文献の検討はとても丁寧でよかったです。

子供の遊び場や、造園についての研究は、医学研究ほどきちんとした研究方法が確立していないのかもしれません。

研究結果と結論がつながっていなくて、また、日本全体の子供の遊び場を反映した結果でもないので、今後の研究で頑張ってほしいと思います!

研究目的に沿って、丁寧にデザインされ、知りたい結果がでた一貫性のある研究は美しく、長く使われ引用されます。

そのフィールドで長く丁寧に研究してきた研究者たちの研究は、どんな本よりも読む価値があると私は思っているので、ぜひ、皆さんも学術論文、チャレンジしてみてください!

次回のジャーナルクラブ

次回読む論文は決まり次第こちらでご報告します。

日時:5月29日(土)13時~

場所:出島交流会館予定(場合によってはZOOM)

参加・見学ご希望の方はこちらをご参照ください。

申込フォームはこちらです。

https://forms.gle/5EioHs7zcNEkA6MV9

4月ジャーナルクラブ予定

子供の遊び場に関する研究論文

今月のジャーナルクラブで読む論文は長崎大学の先生がお持ち込みされたこちらのペーパーです。

A Study on Changes to the Form of Children’s Playgrounds in Japan by Analyzing the JILA Selected Works of Landscape Architecture.

Qing Qin , Kazuhiko W. Nakamura , Kiyotatsu Yamamoto and Akio Shimomura. Sustainability (2019)

全文はこちらにあります。

https://www.researchgate.net/publication/332338813_A_Study_on_Changes_to_the_Form_of_Children’s_Playgrounds_in_Japan_by_Analyzing_the_JILA_Selected_Works_of_Landscape_Architecture

子供の遊び場の変遷に関する論文!!!

はじめてのフィールドです(笑)

いつも読んでいるのは医学系、行動科学系、観光系なので、最初こちらを提示されたときは・・・・😲したのですが、それぞれが興味がある論文を読むのがジャーナルクラブ、気を取り直して読みました(笑)

ジャーナルクラブ初めての方の担当ですが、知らない世界の研究解説楽しみです!!

開催は毎月末くらい、今月は4月30日です。

来月はまだ未定なのですが、Zoomでの参加もできます。

ご関心のある方は問合せフォームからお願い致します。

3月のジャーナルクラブ

新しいメンバーも入り、楽しく論文を読みました!

本日クリティークした論文はこちらです^^

BURNETTE, J. L., RUSSELL, M. V., HOYT, C. L., ORVIDAS, K. & WIDMAN, L. 2018. An online growth mindset intervention in a sample of rural adolescent girls. Br J Educ Psychol, 88, 428-445.

地方女子学生(高校1年制)対象の成長マインドセットのオンライン教育教育無作為化比較試験です。

アメリカの4校の女子生徒を成長マインドセットをオンラインで学ぶグループと対照グループにランダム割り付けをして、前、直後、4か月後でマインドセット、学習モチベーション、学習効力感、成績、学校帰属意識(これだけなぜ入れたのか疑問)に群間で差があるか、また相関があるか媒介分析をしています。

成長マインドセット、固定マインドセットとは何か?

成長マインドセットは、自分が成長する、変化する可能性を信じる信念、固定マインドセットは自分はこういうもの、変わらないという信念です。

例えば、「私は数学が苦手。いい点数なんてとれない。一生このままよ」というのは固定マインドセット。

これに対して「私は数学が苦手。でもどうしたらうまくできるかな、どう工夫したら克服できるかな。努力すればきっともっとうまくできるはず」というのが成長マインドセットです。

ベースラインで群間差はありませんでした。

介入後、介入群(成長マインドセットを学んだ群)のマインドセットは対照群より有意に高かったです。しかし、学習モチベーション、学習効力感、成績、学校帰属意識は有意な差がありませんでした。

介入の有無で直接効果があったのはモチベーションのみでした。

マインドセットの高さが学習モチベーション、学習効力感、成績、学校帰属意識の有意な予測因子でした。

先行文献と異なる結果が出た理由としては、介入の弱さや、対象者の問題(介入群にちゃんと介入が理解されていたのか?)などなど、色々考えられます。

しかしながら、オンラインで成長マインドセットが高めることができるなら、コストもかかりませんし、有意義な介入だといえます。

課題としては、介入策の理解度を高めるための工夫が必要、成長マインドセット理解度合いも変数にいれるといいのかなぁということが考えられました。

森元首相、女性は会議でよくしゃべるって本当ですか?

ほんとにー???って思ったので過去の研究論文を調べてみました^^

まず出てきた研究はこちら。「女性が男性より良くしゃべるって本当?」

MEHL, M. R., VAZIRE, S., RAM REZ-ESPARZA, N., SLATCHER, R. B. & PENNEBAKER, J. W. 2007. Are Women Really More Talkative Than Men? Science, 317, 82-82.

https://science.sciencemag.org/content/317/5834/82.abstract

かの有名なサイエンス誌で2007年に発表された論文です。

サイエンス誌は一般の方でも名前を聞いたことがあるでしょう。雑誌のインパクトファクター(雑誌の影響度を示す指標)ですが、 41.845 (2019)です。すごい数字です。

インパクトファクターの高い雑誌に掲載される研究は信頼性が高い、というのは覚えておかれるとよいと思います。

結論を先に言いますと、女性は男性よりしゃべる、というのは否定されています。

本研究は400人近くの参加者が1日何語話すかを数えました。

その結果、男女ともに平均1600ワード話していて、ここに差はなかったとのことです。

いいですか。

男女間で、日常しゃべるワード数は変わりません。

日常じゃない、会議中はどうなんだ、って声もきこえそうですね。

同年のメタ解析論文です。

Leaper C, Ayres MM. A meta-analytic review of gender variations in adults’ language use: talkativeness, affiliative speech, and assertive speech. Pers Soc Psychol Rev. 2007 Nov;11(4):328-63. doi: 10.1177/1088868307302221. PMID: 18453467.

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18453467/

男性は会議などの職務上の場面では女性より自己主張をし、人の話を遮るようです。

個人の印象は自分の都合の良いように作り替えられますが、客観的に検証すると、こんなふうに、事実は違うこともあります。

女性は男性よりおしゃべりだ、というステレオタイプは女性に黙っていてほしい男性社会が生み出したものなのかもしれません。

そして、実は、この1番目の研究者 Matthias R. Mehl 先生に今回の森氏の発言について質問してみました。

お返事来ました!!優しい!!!

「私たちやほかの研究といったものを超えて、森氏の発言は、日本同様に米国でも、ほかの多くの国でもジェンダー差別的な発言として捉えられるだろう」

とのことでした。

世界のトップ研究者ですのに、お忙しい中お返事を頂き、大変感動致しました・・・・ありがとうございます。

以上、私のリサーチの結果、

森氏の「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」は嘘です。

ジャーナルクラブでは学術論文を毎月持ち回りで読んでいます。ご興味のある方は問合せフォームよりご連絡ください^^

ステップアップ事業報告会

12月8日(火)、20名限定で長崎国際観光コンベンション協会と実施した長崎県観光地受入れ態勢強化ステップアップ事業の報告会を行いました。

師走のお忙しい中、お集りいただき誠にありがとうございました。

報告会は日本語と英語を交えて実施しました。

お弁当を食べながら報告を聞いて頂いたあと、懇話会でお菓子を食べながら外国人スタッフともお話をして頂きました。

以下報告会の資料です。ご自由にお使いください。

11月ジャーナルクラブ

毎月英語論文を皆で読んでます

昨日は、毎月恒例ジャーナルクラブを開催しました!

毎回持ち回りでツーリズム、ゲーミフィケーション、アンガーマネジメント、ジャーナリング効果など興味のある研究をそれぞれ選び皆でクリティークをしています。

クリティークはその研究の理解を深めるために研究のお作法や内容について評価、吟味することです。

昨日の論文はこちら。

Making Self-Help More Helpful: A Randomized Controlled Trial of the Impact of Augmenting Self-Help Materials With Implementation Intentions on Promoting the Effective Self-Management of Anxiety Symptoms

  • February 2011
  • Journal of Consulting and Clinical Psychology 79(1):123-8

この前にこちらを含むif-then planの系統的レビューを読んだのですが、採択された無作為化比較試験を読んで理解を深めようということです。

if-then planは自分で条件を設定し、その条件のときにアクションをする、という決まりを作ることです。

これをきめておくと計画した行動の実行可能性があがるという研究です。

こちらの研究の面白いところはマニュアルであってもif-then を加えることで実行可能性が高まること。コストがかからず良いなぁと思いました。

私としては結果の交互作用についてホワイトボード使って説明したらわかりやすい!と写真を撮ってもらえてたのが嬉しかったです😆

研究者も混乱する人がいるので、研究者じゃない方に説明をしてわかってもらえるとすごく嬉しいのです😄

私の研究者としての活動は終わったわけじゃないと思う今日このごろ。

来月はトップユニバーシティの先生にご相談をうけ、研究コンサルに行ってきます🥰

ジャーナルクラブ10/17

本日のジャーナルクラブ担当は私で以下のペーパーを読みました。

Di Tian,Qiongyao Wang,Rob Law, and Mu Zhang, Influence of Cultural Identity on Tourists’ Authenticity Perception, Tourist Satisfaction, and Traveler Loyalty, Sustainability 2020, 12(16), 6344; https://doi.org/10.3390/su12166344

https://www.mdpi.com/2071-1050/12/16/6344/htm

観光客のAuthenticity(本格性、ホンモノ)に対する認識、旅行満足度、loyalty(観光地支持・愛着)に対する文化的アイデンティティの影響

Authenticityって無形文化遺産観光に不随してでてきた新しい概念らしく、ちゃんとした定義はないみたいであてはまる日本語もないのですが、唯一無二のもの、らしさ、みたいな感じです。

長崎でいえば、長崎くんちは無形でここにしかないAuthenticityになります。

このAuthenticityを評価する尺度を開発し、信頼性妥当性を検討し、実際にこれを使用してCultural identity(観光客のもつ文化的アイデンティティ)がAuthenticity認知に影響するか、またAuthenticityは旅行満足度、または観光地loyaltyに影響するかという研究でした。

例を交えながらみんなで読み解いていくと一人で読むより何倍も理解が広がります。

観光に関する研究なのに構成主義や実存主義といったワードもでてきて、頭をかしげていましたが、話しているうちにしっくりきたりします。

私達ジャーナルクラブの結論としては、Authenticityっていう最先端の理解を深められて(今年の研究ですからね~)よかったけど、満足度やLoyaltyにはあんまり影響ないんじゃないかな?、まだまだAuthenticityの理解を進めたうえで研究が必要、でした。

でもちゃんとした測定尺度を獲得できたのでよかったし、前回読んだドバイの論文の復習にもなって今回も「面白かった」です。

また次回も楽しみにしています。

注:現在ジャーナルクラブメンバーは募集していませんが、論文の読み方講座は来年ご興味がある方がいればやろうと思います。